大規模修繕工事

補修・塗り替えで建物を若返らせる外壁リフォーム

メガステップでは、外壁の補修や塗り替えを行う「外壁リフォーム」を承っています。外壁リフォームを行うことは、建物の見た目を若返らせるだけでなく、強度・耐久度を保つうえでも重要です。

外壁が劣化すると……?

外壁が劣化すると……?

外壁の劣化は建物の機能や耐久性、耐震性の劣化に繋がります。外壁の塗膜の寿命は一般に5~15年と言われているため、建物を末永く使い続けるためにも、定期的に外壁リフォームを行うようにしましょう。

症状から判断する外壁塗装のタイミング

前回の塗り替えから10年を迎えたら、建物診断を受ける時期。業者に診断してもらうのが確実ですが、以下のような基準で劣化の進行度を自己診断することも可能です。

ツヤがない・変色している

劣化がはじまっているサインです。外壁内部は傷んでいませんが、外観が気になる方は外壁リフォームを計画してもいいでしょう。

手で触ると白い粉がつく(チョーキング現象)

外壁の塗膜が劣化していると、触ったときに白い粉がつきます。これを「チョーキング現象」と言い、塗料が劣化して防水性が失われつつある示すサインです。放置していると塗膜が外壁を保護できなくなり、劣化が進んでしまいます。

コケ・カビ・藻などが生えている

劣化して表面がザラザラになった塗膜には、コケやカビ、藻などが付着しやすくなります。湿気を好むこれらが付着しているということは、外壁の防湿性に問題があるということ。下地の腐食や錆びの原因になるため、早めの対策が必要です。

ひび割れ(クラック)がある

ひび割れは、外壁の劣化が進行しているサインです。小さなひび割れでも、そこから水分・湿気が侵入して建物内部まで劣化する原因になります。放置していると雨漏りなどを招きますから、早めの対策が必要です

塗膜が剥がれている・めくれている

劣化した塗膜は、壁に付着する力を失って剥がれたりめくれたりしてきます。これを放置していると、外壁が紫外線や雨風の影響を直接受けるようになり、さらに劣化が進んでしまいます。また、雨水が浸入しやすくなるため雨漏りにも注意が必要です。すぐに対処しましょう。

コンクリートの爆裂がみられる

外壁の一部が崩れ落ち、内部の鉄筋が見えている状態です。コンクリートの劣化が進行し、雨漏りや耐久力の低下を招く危険な状態です。迅速な対応が必要です。

事業一覧
  • 塗り壁工事
  • 大規模修繕工事
  • 外壁リフォーム
  • 内装リフォーム
  • FC事業
珪藻土LIFE facebook

その他の動画はこちら

ページの先頭へ戻る